育毛剤の効果と選ぶポイント

婚活サービスの選ぶポイント
人気のある育毛法
  育毛剤ランキング
ポリピュア
M-1ミスト
リアップ
詳しくはこちら
  毛髪について
  薄毛の原因と対策
  育毛シャンプー
  育毛剤
  リンク集
  基本メニュー

育毛剤の効果と選ぶポイント

育毛剤デビュー <育毛剤知識を高めて 正しく使い 効果を得る>

育毛剤を初めて購入する方や育毛剤を使って過ごしている方、
育毛剤歴の長い方など、それぞれの育毛剤使用頻度別に商品や効果を早めるための知識を紹介しています。

  育毛剤は栄養水
育毛剤は頭皮と髪に栄養を与える「栄養水」です。畑に例えるなら、頭皮が畑、育毛剤が肥料と水になります。

畑を耕さなければ栄養を得るのは難しくなります。なので、シャンプーで頭皮(畑)を整えることもとても重要なこと。
シャンプーだけ、育毛剤だけとピンポイントで使用しているかたは、これを機に育毛・発毛への考え、商品、使い方を見直してみましょう。

  毛穴について
育毛剤の栄養を頭皮と毛根に届けるためにも、
頭皮の汚れや毛穴に詰まった皮脂は取り除き、清潔で栄養を吸収しやすい環境を作っていきましょう。

上記のことをふまえて、シャンプーの特徴を紹介していきます。


硫酸系
一般的に販売されているシャンプーは硫酸系が主流。
<特徴>
●ラウリル硫酸Naが成分名に含まれているシャンプー
●安価
●洗浄力強い
●刺激が強い
●髪・頭皮の油分、水分を奪うのでフケやかゆみが発生しやすい


アミノ酸系
低刺激で髪が柔らかくなると最近話題のシャンプー。
<特徴>
●食品にも含まれるアミノ酸なので安心
●保湿力が高い
●低刺激
●優しい洗い心地
●髪の毛がやわらかくしっとりとした質感に


グルコシド系
糖から作られたシャンプー。
<特徴>
●糖から作られているので安全性が高い
●優しい洗い心地
●泡立ちが良い


石鹸系シャンプー
環境に良いとも言われているシャンプー。
<特徴>
●石けん素地、石けん分、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムが主成分
●低刺激
●洗浄力は強すぎず弱すぎず
●髪がきしみやすい(使い始め)


ベタイン系
ベビー用品に使われていることが多い。
<特徴>
●砂糖大根(ビート)から作られた天然素材が主成分
●低刺激
●適度な洗浄力


たんぱく質系
コラーゲンなどから抽出されたたんぱく質を含んだシャンプー。
<特徴>
●髪の毛と同じたんぱく質成分ゆえ、髪の毛の補強に優れている
●枝毛・切れ毛などのダメージケア
●適度な洗浄力

硫酸系シャンプーではなく、低刺激のアミノ酸系、石鹸系シャンプーは育毛・発毛を助けるとして多くの方に利用されています。

  食生活について
育毛をはじめる方も実践している方も、食生活には十分に気をつけましょう。
決して難しいことではないので、ストレスを溜めずにリラックスして臨みましょう。


●食生活リズムを作りましょう。
朝・昼・夜の基本三食を摂る時間を「大体これぐらい」から決めてみましょう。


●楽しく食す。
この野菜はおいしい、特売で料理を作るなど楽しみながら食べましょう。


●ごはんを食べましょう。
日本人は「ごはん」が基本。ごはんの栄養が吸収しやすい身体になっています。
パン、パスタといった脂質のあるものはやめましょう。
ごはんには食物繊維も含まれているので、便秘がちな方は「ごはん」を主食にしましょう。


●野菜・魚・果実・豆類・海藻類などを上手に組み合わせて食べる。
髪や頭皮に良いと言われている海藻類はもちろん、魚や豆類、野菜、果実を上手に取ることで、身体の調子が上がり、髪や頭皮も健康的な状態に。肉はなるべく赤身を選びましょう。


●塩、脂肪を控える。
食事はなるべく薄味を好んで。お菓子も控えましょう。もちろん間食も。


髪に良いと海藻類ばかり摂るのもよくありません。バランス良く、楽しみながら食事を摂ることが重要なのです。

  第1類医薬品と医薬品外のメリット・デメッリト
第1類医薬品は厚生労働省に医薬品として認められた商品ということになります。
効果を証明するために、研究を重ね実績を提示し認定されているので安心度が高いのが特徴。


医薬品外は医薬品として認定されていない商品ということで、安心度は医薬品と比べても落ちますが、「医薬品」として認定されるためには「実績や効果」が必要になりますので、そのことを考えると一概にどちらが良い商品とは言えなくなります。


医薬品、医薬品外どちら優秀かということよりも、自分が効果を実感できた商品を使用するということが一番大切なことだと思います。


育毛剤の使用注意として「副作用」が上げられます。それは医薬品であっても医薬品外でも同じ。
現在は用法、用量を守れば重度の副作用が起こる危険性はほとんどないと言われています。


ミノキシジルという成分が含まれている育毛剤では、頭痛やめまい、吐き気を起こす可能性があります。低血圧の方に多く症状がみられるので注意しましょう。


フィナステリドという成分が含まれている育毛剤は、勃起不全、性欲減退、精子減少がみられることがありますが、深刻な症状になるのは極めて稀です。


妊婦の使用は胎児に悪影響を及ぼす可能性があることから使用禁止の育毛剤が多いので注意してください。

  以前、育毛剤の効果が現れなかった人
育毛剤を使用して効果が得られなかった方は「育毛剤」だけに頼っていた場合が多いです。

●育毛シャンプーなどの低刺激シャンプーを使っていなかった
●食生活が良くなかった
●睡眠時間が少なかった
●ストレスを溜め込んでいた
●効果が表れない育毛剤を何年も使っていた

など原因はさまざま。
育毛剤だけに頼らず、自ら努力することもとっても大切です。

育毛剤は「栄養水」です。
栄養を髪、毛根、頭皮に浸透せやすくするためにも、基本となる5つの育毛ポイントを守りましょう。
1. 低刺激シャンプーを使う
2. 育毛剤を使う
3. 睡眠を7時間とる
4. 食生活リズムを整える
5. ストレスを溜めこまない。

症状別で選ぶ 、効果のある育毛剤の選び方


  ぜんぜん平気な方

頭皮のべたつきが気になる。 将来に備えて今からケアしていきたい。 髪の毛が猫毛でヘアスタイルが決まらないなど、髪や頭皮のちょっとしたケアを行いたい方は、自宅で簡単にできるヘアケアがおすすめ。
おすすめシャンプー おすすめ育毛剤

  少しハゲてる方

薄毛が気になり始めたら、早期対策を実行しましょう。
育毛剤はもちろん、シャンプー、育毛ブラシも揃えた方が無難です。
おすすめシャンプー おすすめ育毛剤

  かなりハゲてる方

薄毛が気になり育毛剤を繰り返し試しているのに効果が感じられないという方は、もう一度、育毛剤、シャンプー、育毛ブラシ、頭皮マッサージなど、育毛に関する知識を見直してみましょう。
おすすめシャンプー おすすめ育毛剤 おすすめサロン

  ほぼ毛がない方

頭皮のべたつきが気になる。 将来に備えて今からケアしていきたい。 髪の毛が猫毛でヘアスタイルが決まらないなど、髪や頭皮のちょっとしたケアを行いたい方は、自宅で簡単にできるヘアケアがおすすめ。
おすすめサロン おすすめ
  • かつら

方法別で探す
育毛サロン 育毛シャンプー 育毛剤 女性の方の育毛法

症状別で探す
育毛サロン
育毛サロン 育毛サロン 育毛サロン